旅行サイト

http://www.his-j.com/kokunai/kanto/

http://www.tour.ne.jp/j_travel/

退職後に住む場所を探してみる


体が元気なうちに色々と旅行をして周っておこうとよく聞くのですが、今ではリタイアしてからでも、海外などで暮らすという老夫婦が増えてきているのですが、物価の安い温かい国を選ぶ人達が増えています。
年金で暮らしていくという事で、生活の費用をあまりかけないで、シンプルな生活をするという老夫婦が増えていて、物価の安い国であればそこまでお金をかけないでも、立派な一軒家に住む事が出来るという暮らしが出来るので、何不自由なく、海外で暮らしていけると考えられているのです!
若い時に一生懸命働いたご褒美というような感じでもあるのですが、このように温かい国で暮らすという事は体の調子も非常に良いという人も多く、日本では冬になれば関節痛があったという人も、温かい国に移ってからはもう関節痛を起こす事がなくなったという人もいるくらいなのです、やはり太陽の力は凄い事なのだ!という事が言えます。
リタイアしてから海外で暮らすとなればもちろん、ビザなどの申請は必要になるのですが、銀行の残高などを証明して、十分に貯金がある場合などでしたら物価の安い東南アジアに住む為のビザは簡単に申請出来るとも言われており、大きな問題などを以前に起こしていなければ大抵の人は移り住む事が出来ると言われています。
そしてそこからその国でボランティア活動を始めたりと、新しい人生をスタートさせる老夫婦などもいて、山岳民族など、学校に行く事が出来ないような子どもたちに色々な学びの場を提供して、学校を作って、勉強をさせてあげるという支援をしたり、時には日本語を教えたり、料理を教えたりというアクティビティを行っている日本人もたくさんいるのです。
もちろん寄付という形だけでも可能ですし、何か人の役に立てる事がしたいという日本人は各地で活躍しているのです。
もし、将来は温かい国での居住を考えているのでしたら今のうちから色々旅をして候補を探してみてはいいのではないでしょうか?

ページ上に戻る